ミニチュアの家

建物付き借地権の売買にお困りの方へ

家の形に切り抜いた紙

借地権をもっていてもその借地を使用しなくなったとか、子供に相続させるつもりがないといった理由で、借地権を手放そうかと考えておられる方が多いかと思われます。でも、重要な権利なので自分で処理するのは不安なことも多いはず。そういった方は専門の不動産会社に相談しましょう。
借地権を地主さんが購入するまでの流れは、地主さんか不動産会社に相談することから始まります。建物付き借地権の場合、建物の所有権は借地人さんにあるので、この大切な財産を地主さんに譲渡するのか、それとも取り壊して更地にして引き渡すのか、こういった難しい交渉も、専門の不動産会社にお任せすれば安心です。
交渉後、借地権の買取が合意されて、決裁と土地・建物の引き渡しにより、借地権と建物所有権が借地人さんから地主さんに移転します。その最終段階の決裁・引き渡しもプロの不動産会社にお任せください。複雑な手続きも滞りなく行いますので、後々のトラブルの心配もありません。
とくに、初めて不動産売買をお考えになっている方にとっては、専門の不動産会社は強い味方になってくれます。交渉から、売買契約の締結、その決裁、そして最も複雑な移転登記手続きをはじめとする法務局での法的手続きに至るまで、借地人さんを安心サポートしてまいります。
建物付き借地権の売買を検討されている方は、お気軽に専門の不動産会社へ相談ください。